スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オール1の落ちこぼれ、教師になる 宮本延春


オール1の落ちこぼれ、教師になる


先生は「オール1」の落ちこぼれだった!!
中卒、落第で漢字は自分の名前しか書けなかった「オール1」の著者が
ある出会いから運命が変り独学で猛勉強し
その後、生徒に慕われる教師になるまでの涙の人間ドキュメント。


この本、きっと二時間ドラマとかでドラマ化されるよね。。。って
誰が主役がいいかなぁって一人でフライングしてました。
バカでしょ。。。わたしって
それで思ったのが、TOKIOの国分さんとかどうかしら?
それとちょっと若いんだけど二宮和也さんとか・・・どうかな?
Maiさんって、ジャニ系ばっかり選んで!!って思った???
でもね、この著者の宮本さんって小さくてかわいいお顔の方なんです。


はじめね、あぁ奇跡って起こるんだなって思いました。
私は努力をした人の背中をそっと押してくれる小さな奇跡なら信じているんですが。
こんな奇跡が・・・この世に・・・あるんなんて。
中学でオール1で漢字は自分の名前だけ。。九九は二の段まで
そんな人が、ある日いきなり、
『アインシュタインの相対性理論』に感動しちゃうなんてことってあり?
そして9年も物理を研究して修士も取得

でも・・・読んでいく内にやっぱりそんな奇跡はないなって思ってきました。
彼は必死で何を変えたい、つかみたいと思って生きていた気がします。
そして神様がきっかけを与えてくれたんだと。


中学生・高校生・・・そして迷える大人に読んで欲しい本です。
あと、↑の親御さんや教育者にも。
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/179-ad78d202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。