スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山-BIZAN- 松嶋菜々子


眉山-BIZAN-の試写会に行ってきました。
さだまさしさんの小説の映画化。


舞台挨拶は松嶋菜々子さんと監督でした。
またまたため息、はぁ・・・
松嶋菜々子さん、そこだけ光が射した春のお花畑みたいな人でした。
もうかぶりつきで前のめりで見ちゃいました。

前に見た寺島しのぶさんがくねくねして落ち着きなくて
ちょっと変でがっかりしたので
松嶋菜々子さんもそうだったらやだなぁって思ったのですが
全然違いました。
お洋服もとぉっても素敵なちょっとミニなバルーンスカートのスーツでした。
足がね、とぉぉぉってもきれいなのよね。
長くてストレートで。
すっって立って姿勢もきれいでほんとに素敵な人でした。
声もきれいで、笑顔が素敵で・・・もうパーフェクトですな
髪型はストレートな肩につかないくらいのボブで
前髪を下ろしてました。
お顔がちいさい。。。


仕事終わってメゾンカイザーでパン買ったりしてたので
開演10分前になってしまいました。
。。。。席が一つも空いてませんでした
サイドでぼんやりしてると、係りの人が席を作ってくれて
なんとまた5列目で見れました
前の人達が舞台挨拶が終わったら数人帰って行ったので
すっごく前がガラガラで見やすかったので
いろいろラッキーでした。


<東京タワー>もこの<眉山-BIZAN->も“親子”そして“女でもある母”が描かれてますよね。
やっぱりこの映画のほんとの主役は宮本信子さんです。
言葉がみつからないけど、すごいなぁ宮本信子さんって思いました。

わたしは徳島も阿波おどりも一度も行ったことないし観たことありませんでした。
阿波おどりってきれいな踊りなんですね。。
特に“手”がとってもきれい。
徳島の人はみんなこのおどりが踊れるのでしょうか。。。
居酒屋でみんなが酔って踊るシーンを見て思いました。

あのにぎやかで楽しいお祭りの終わりって
いつも何かしらの喪失感?刹那さを感じますよね。
お祭りの後。。。
動と静のコントラスト、生と死に例えられてるのかな。

この映画は素直に泣けます。。。
もうポロポロ涙がとまりませんでした。
母の愛は無償の愛ですね。
母と娘、この映画のいろんなシーンが
自分の人生とシンクロする部分があってこんなに涙が出たのだと思います。
わたしの母のガンの闘病の日々や、
わたしのピンチに全力で助けてくれようとした母の横顔
『おかぁさん死んだら一人ぼっちになるね。。それが心配』って
わたしのことより、自分のこと心配して。。って思った日
写真のアルバムのようにわたしに起こったいろんなワンシーンが浮かんでくる。。。

松嶋菜々子さん、背が高い。。。映画の中で
大沢たかおさんと同じか、もっと高かったよぉ
監督が言ってた大沢たかおさんが毎日行ってた徳島のとりとり?って焼き鳥屋さん
そんなにおいしいんですかぁ?阿波尾鳥の焼き鳥って
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

はじめまして(かな?)

私のブログで
ここの記事を紹介させていただきました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/zero_ayashii/archives/53802834.html
です。

よろしくお願いいたします。

私も・・・

この、眉山と東京タワーは見に行こうと思っています。
 試写会どちらも行けたんですねv-265
松嶋菜々子さんは生で見てみたいです。
やっぱり・・・美しいんですね。。。落ち着いた凛としたあの感じv-353いいなあ。。。Maiさんしかも近くでお目にかかれて! 東京タワーは筑豊在住の私としては・・・やっぱり見ておきたいです。
でも、リリーさんの本を読んだ時が一番リアルだったかな。。。なんだろう二度と読み返せないんですよね!映画やドラマでは筑豊と映像化されたり方言で表現されても、やっぱりちょっと違うんですよね。v-388
 本に書いてあった、リリーさんが火葬場でおかんの骨を自身の口に含んだところが・・・強烈に印象に残っていて、何ともいえない二人の絆みたいな悲しさが・・・ショックでした。

先日、やっとホリディを見てきました。Maiさんが言ってたように私もジュード・ロウが見たあとでとーっても好印象でした。
 ま・・・たしかにドラマチックでしたけどねv-415

ありがとぉございます。

ズィロ さん

これからもよろしくお願いします♪

ジュード・ロウ

ジュード・ロウ、それもパパの顔のジュード・ロウが素敵だったでしょ?
あんな人、いないかなぁ。。。

わたしも本はもう読み返せない。。。です。
TVコマーシャルでも使われてたシーンで
はじめて母の手をまーくんが引いて最後の入院に病院に向かうところ。
親と子はいつしか守る側・守られる側が反対になってくるんですよね。
時間の経過の刹那さ、残酷さ・・・
そういうものが粛々と胸に伝わってきました。


>リリーさんが火葬場でおかんの骨を自身の口に含んだところが

ほんとに愛してないと出来ないことですよね。
わたしも近くに持っておきたいという想いはありますが。。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/284-f203bc7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。