スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題はなぜウソがまかり通るのか 武田邦彦著


環境問題はなぜウソがまかり通るのか
2007,3,12


出版社/著者からの内容紹介
【錦の御旗と化した「地球にやさしい」環境活動が、
往々にして科学的な議論を斥け、人々を欺き、
むしろ環境を悪化させている!】
京都議定書ぐらいでは地球温暖化は食い止められない。
ダイオキシンはいかにして
史上最悪の猛毒に仕立て上げられたか、
官製リサイクル運動が隠してきた非効率性と利益誘導の実態とは?
【環境問題は人をだましやすい!】
アル・ゴア氏にとっての「不都合な真実」も
次々に明らかになる!




イントロダクションから、あれ?って思ってしまいました。
エプソンが自社製のカートリッジを回収してインクを補充して
安く売ってる会社を相手取り訴訟を起こしてることに
疑問を抱いている。。。
え~~~あの問題は環境問題とレベルと違うんじゃないでしょうか?
この著者、大丈夫ぅ?

でもダイオキシンはかなり恐ろしいもの
魚のコゲ、甘味料のチクロは発がん性物質
って今まで思ってましたよ~~~
え~~違うんですか?
全然毒性がない?ダイオキシンが~~~

今日もリサイクルの分別作業をしました。
え~~~でもリサイクルされずに燃やされちゃうんですか?


著者はメディアリテラシーの大切さを述べてますが・・・
同様に、この本の内容もいろいろあやすぃ。。と思うところが。
ペットボトルリサイクルが始まってペットボトルの消費量が増えたっていうのや
『節電すると石油の消費量が増える?』のあたりは
屁理屈以外のなんでもないでしょ。。
読んでて変だな・・・っておもう箇所もたくさんあります。

でもでも読んでみてください!
環境問題にまつわる利権がらみの裏の部分がわかります。
いろいろ考えるためには情報のストックがまずいっぱいあるってのが前提で
その中から自分で考えることが大切ですよね。
もちろん、この本の内容も著者というフィルターを通して
事実?が語られてます。
そんなこと、あんなこと、いろいろ注意していろんな情報に接していかないといけないなぁ。。。





スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/309-af95fd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

ダイオキシンダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾパラジオキシン (PCDD) 及びポリ塩化ジベンゾフラン (PCDF) の総称である。また、コプラナーポリ塩化ビフェニル (Co-PCB) のようなダイオキシン類と同様の毒性を示す物質をダイオキシン類似化合物と呼ぶ。ダイオキシン類は

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。