スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さんはやってないto彼女は嘘をついている


お父さんはやってない


内容紹介
この事件と出会わなければ、僕の映画は生まれなかった----周防正行監督
 冤罪に巻き込まれた夫のために、家族は何ができるのか? 有罪率99.86%の
日本の裁判制度と闘い、逆転無罪を勝ち取った家族の、苦悩と愛情に満ちた感
動の手記。周防正行監督映画「それでもボクはやってない」の原点。



彼女は嘘をついている

内容
「なにもやっていないのに、どうして犯罪者にさせられるんだ」。著者は身の潔白を晴らすために闘う。とことん闘う。降りかかった火の粉は、何年、何十年かけても自らの手で振りはらう覚悟だ。やっていないものはやっていない、のだから。衝撃の痴漢冤罪手記。



周防監督の<それでも僕はやってない>の元になった出来事

怖いです。。。冤罪
警察って・・・法曹って

電車通勤の男性は、痴漢に間違われないように気をつけましょーね!
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

初めて書き込みさせていただきます。
きなこと申します。

日本の刑事手続法は、制度設計が厳格なため、そのまま適用すると大半が無罪となってしまいます。そのため実務では、捜査の必要性からかなり緩やかに法解釈を行っています。
痴漢の被疑者は容疑を覆すのは至難の技です。
本当に気をつけなければいけないですね。
なんだか硬いコメントになってしまいました。
すみません。

ブログ更新楽しみしています。

失礼しました。

ありがとぉございます

きなこさんへ

訪問ありがとぉございます。

有罪率99.86%の日本の裁判制度
↑怖いですね。
警察も検察も何も信じられないです。
そういう意味でもこの本、一見の価値アリです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/331-c5cb02db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。