スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月に読んだ本no.2


センス・オブ・ワンダー THE SENSE OF WONDER
レイチェル・カーソン 

10u.JPG (商品説明
化学薬品による環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした書として、いまも多くの人々に読み継がれている名著がある『沈黙の春』だ。その著者レイチェル・カーソンの遺作として、彼女の友人たちによって出版されたのが本書である。 )





素敵な本でした、出合えてよかったと思った本でした。
レイチェル・カーソン死後の一年後の1965年に出版された本です。
わたしはファーブル昆虫記とローレンツのソロモンの指環が大好きです。
この本は上の二つとはちょっと違いますが
意図するところはいっしょかなって思います。

『センス・オブ・ワンダー 神秘さや不思議さに目を見張る感性。
この感性は、やがて大人になるとやってくる倦怠と幻滅、
わたしたちが自然という力の源泉から遠ざかること、
つまらない人工的なもに夢中になることなどに対する。
かわらぬ解毒剤となるのです。』

50ページ弱の短かくて30分くらいで読んじゃえます。
レイチェル・カーソンが優しく語りかけてきます。
Maiさんお勧めの一冊です


10u.JPG フジ子・ヘミング 運命の力
フジ子・ヘミング 2001.6




『人生の艱難辛苦から逃れる道は二つある。音楽と猫だ。』
シュバイツァーの言葉。
この言葉に対して彼女が
『不幸せを慰めるのが<酒と女>と言ったらがっかりするけど。』
って書いてたのを読んで、笑ってしまった。
この人、とってもユニークですね。。。人生も生き方も。
彼女の絵は素敵です。いろんなことに才能がある人。

彼女の弾くラ・カンパネラを聴きながら。。。。
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

不思議

不思議なことや神秘なことに気づく人っていいなとあこがれます。私はテレビなどで自然の神秘などを見てから初めて「なるほど神秘的だなぁ」って気づくんですよ。センス無いなと自己嫌悪です。
沈黙の春は農薬だったか殺虫剤の恐ろしさを世の中に知らしめた本でしたよね。
アメリカ人って、そういうのがわかったときの反応は早くて公害製品作ってる会社を訴える。 そうすると公害会社は国内では自粛し、賠償金払うために東南アジアやアフリカで有害製品を売りまくって国内の賠償支払いに充当するんですよね。タバコの会社なんて製造販売やめるどころか低開発国で売りまくって莫大な利益を上げて国内の訴訟対策につぎこんでる。欧米以外はどうなっても良いんですかね。

ヘミング・フジコ

初めて彼女の音を聞いたとき、涙が出そうになりました。いい音色をしています。静かな強いもの、優しさ、自愛・・・そんなものが含まれた音。いつも車の中でかけているのは「奇跡のカンパネラ」。
イラストもとっても素敵ですよね!

思い出したぁ

salamancaさんのコメントで思い出しましたよフジ子さん。
今は知りませんが数年前はチケット入手がものすごく大変だったんですよ。友達のピアノ大好き少女(当時中学生、現在高校生)が券を強烈に欲していたので私が徹夜で並んで2枚買ってきたんです。「お母さんと行くの?」と質問しながら2枚渡したら「1人で行くつもりだった」という。(なんだよ!2枚も買っちまったじゃねえか)
お母さんと行くのはイヤだ。とうので私が護衛で行きました。長時間ピアノなんて聞いていられるだろうか不安でしたが、トークがめっちゃおもしろかったです。
「ネコちゃんたちの生活のためにしょうがないからピアノで稼いでいるの」とか「ヨーロッパじゃ日本人なんて人間だと思われてないじゃないのよ。だからピアノで稼いで(日本へ)帰ってこれてよかったわ」とか。すっとぼけたトークとお見事なピアノの技で私のような(音楽は君が代以外知らない)者でもすごく楽しめました。

さすが♪

二等兵さん

『沈黙の春』のこと、ご存知だったんですね~
わたし、この間はじめて知りました、その本の存在。
彼女のお友達のお庭に役所がDDTを空中散布した後
お庭にきたツグミが次々に死んでいったことで
『歴史を変えることが出来た数少ないない本、沈黙の春』の執筆の起因になったみたいです。

わたしは。。。

salamancaさんへ

わたしはフジ子ヘミングのことは
TV、それから書籍、それからCDと知っていきました。
彼女の人生を知り、どんな屈強で力強い音楽なんだろう。。。って想像して聴きました。
v-236
期待に反して、とっても穏やかで奥深い音色e-291
それから彼女の書籍をいくつか読むうちに。。。
なんとなくですが敬虔な音の意味を知りました。

わたしは彼女が奏でるショパンの雨だれも好きな曲の一つですe-266

いい経験をしましたね。

二等兵さん

とってもいい経験をされましたよね。
そういうかわいい思い出やかけらが
人生や人を変えていくような気がします。。。


『一匹の雀の命でさえ、神様に左右されているのだから。
運命は、自分のちからではどうすることもできない。
一生懸命こちらがやっても、扉は開かない。
だけど自分だけの力では開かない扉が、
ほかからのなんらかの力で<いま!>っていうときが、必ず来る。

そのいまのために、私たちは準備をしておかないといけない。
チャンスを逃がさないように・・・・』

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/40-de5a060d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。