スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働法のキモが2時間でわかる本 石井孝治著



石井 孝治 / 日本実業出版社(2007/11/15)
Amazonランキング:234位
Amazonおすすめ度:
知ってて損はない!
サクサクっと楽しく♪
労働法は自分の法律



【本の概要】
●ストーリー形式でも必要事項はしっかり網羅
労働時間管理やサービス残業、性差別といった企業 で問題になりがちな項目はもちろん、労働基準監督 署の立ち入り調査についても解説。図版や「労働条 件通知書」「36協定」などの書式も掲載し、気軽 に読めて労働法の基本が身にきます。「2時間でも 長い!」方のために、各章の終わりにポイント解説 を収録。各章のトビラには、法令にちなんだ4コマ マンガも付いています。
●どこかにありそうな会社が舞台
本書は、新人OLナナが、“労基法完全無視”の社 長が経営する会社に入社するところからスタート。 友人の兄である社会保険労務士に助けられながら、 社内改革に挑みます。事なかれ主義の総務課長、完 全歩合給のセールスマンなど、ユニークなキャラク ターが登場し、楽しく読み進められます。



【著者の言葉】
こんにちは、石井孝治です。あなたは「労働法」と 聞いて何をイメージしますか? 「サービス残業、 割増賃金不払い、セクハラ、パワハラ、不当解 雇」・・・。なんだか重い感じですね。これまで、 労働法の本を読んで勉強しようと思ったけど難しそ うだから買うのをやめた人、難解な専門用語のオン パレードに拒絶反応を起こして、途中で挫折してし まった人もいるのではないでしょうか。
では、「労働法を知らないでいいの?」といえば、 決してそんなことはありません。だって、労働法を 知らないために損をしている人がたくさんいます。
たとえば、会社は、間違った法律の運用によって、 労働基準監督署から残業代の不払いを指摘されるか もしれないし、法律に詳しい社員やパートに違反を 告発され、労働基準監督官が調査にやってくること もあるでしょう。また、従業員の側も、知らぬ間に 残業代を損しているかもしれないし、本当は取得で きる権利があるのにみすみす逃しているかもしれま せん。
そこで、どうにか気軽に労働法に触れることができ ないだろうか? と考え、完成したのが本書です。 労働法の近寄りがたい雰囲気に二の足を踏んでいた 人にも、労働法の“キモ”を楽しく学んでいただけ ればと思っています。
本書は、どこの町にもありそうな中小企業、田中建 設株式会社という架空の会社が舞台です。田中建設 で起こる事件や問題を通して、労働法のキモに触れ ることができる構成になっています。読みながら 「あれ、自分の会社はどうなっているのだろう?」 などと、労働法を身近に感じていただければ幸いで す。



著者は以前、社労士受験講師を経て社労士事務所を開業の社労士さん。
先日公開したように、わたし労基・安衛の選択で2点でした。
ってことでどうも労働法が苦手みたいです。(苦手か得意かさえもわからなくて)
簡単な読み物から読んでみようと。。。。
たぶん、他の社労士受験生さんにはあんまり役に立たないかもしれないけど
わたしには役に立ちました。
わたしって根本的なことを理解してなかったりするんですよね。
へぇ・・・そうだったんだ。って思うこと多々ありです。

募集・採用のルール
ルール1 雇用対策法
        年齢にかかわりなく均等に機会をあたえなければいけません。
ルール2 男女雇用機会均等法
        性別にかかわりなく均等な機会を与えなければいけません。
ルール3 高年齢者雇用安定法
        65歳以下を条件とする場合はその理由を示してください。
ルール4 障害者雇用促進法  
        身体障害者や地底障害者を雇い入れるように努めなければならない。
ルール5 職業安定法 
        求職者に誤解を与えるような虚偽の求人広告を出してはいけない。

☆労働基準法は会社の採用の自由を認めてます。
労基では<国籍・信条・社会的身分を理由として、賃金、労働時間、その他の労働条件について差別をしてはいけない>
労基では採用後の条件について規制してるんですね。
ここんとこ、あんまり分かってなかったなぁ・・・わたし。
だからなんだか戸惑うことあったんだな。


中小企業でお仕事されてる方は必見だと思います。
知らないと損しちゃってることたくさんあります。
お勉強しましょう
わたしは幸せなことに中小企業でお仕事することもなく
どっちかっていうと、組合が断然強い、待遇がいいところでお仕事してました。
だから不思議なこと、違和感のあることばかりでしたが・・・
現実はこ~なのだ!
自分のことは自分で守らないとね。







実は後3冊で100冊になります。
ん~~あと三冊どんな本をチョイスしようかな。。。
スィートペインは甘美な喜び。
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/415-b0f8835c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。