スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の病状


はぁ。。。ため息ばっかりです。
実は昨日の記事は母の希望的観測だったのです。
検査であって手術はこれから

その後、先生の話を聞いてびっくり。。。
なんと心臓のすぐそばの太い血管が4つも詰まってました。
今までなんともなかったのが不思議なくらいだと言われました。

1、今は独立行政法人国立病院にいるのですが、ヘリポートのあるあの病院のハートセンターに転院してバイパス手術を受ける。

2、今の病院で何度かにわけてカテーテル手術、バルーン手術をする。

☆主治医の先生は1の手術を勧めてます。
 年齢、既往の手術歴などを勘案して1の手術がベストかと。。。

☆でも母は転院したくないし、切開の手術がいやなので2の手術希望
 それでダメだったらそれでいいと。。。。

☆兄と父は母の好きなように・・・と


・・・・2でいいのかな。

今日はもう疲れたので考えるのやめよう。。。
また明日考えよう・・・・あれ?これって風と共に去りぬのスカーレットのセリフだっけ?
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

大変でしょうが頑張ってください

私の父も大腸癌でしたので、maiさん
の不安なお気持ち、痛いほどよくわかります。医師からの治療の選択肢があるのであれば、お母さん本人の希望を尊重してあげるのが、一番良いかと私は思います。

しんぱいだね。私たちの親って、そう言う年代なのよね・・・母もいつも言うよ・・・長生きするより気持ちよく思い通りにいきたいって。予防医学や健康管理について、娘の心配は笑ってききながしてしまう・・・あ~あ。
mai落ち着いたら、ご飯食べに行こうね。

maiさん、どうもお疲れさまですね。

手術の方法については何とも言うことができませんが、とにかくお母様が納得する形がいいと思います。

いずれにしても手術の成功を祈っています。

私のすでに他界した父は癌でした。
そして、今同居している母も全身癌でさらに100万人に1人といわれる腹膜偽粘液腫という病気で、年に2回入院・手術を繰り返しています。癌のことは告知していませんが、入院・手術に関しては本人の意思を尊重するようにしています。

医者と家族と本人…う~ん 難しいですが、やはりお母様が望まれていることを本当はしてあげたいですよね。v-209

・・・難しいですねi-181
でも、自分自身に置き換えてみるとお母様が決められたようにしてあげる事がやっぱりいいのでしょうか?
 お母様ご自身のお体ですから、確かにバイパス手術を受けたほうが医者的見解からしてもいいのかもしれませんけど・・・

私も、自分の母だったら、バイパス手術を勧めるでしょうね。
どうしても、嫌だというのであればやっぱり母のしたいようにさせてしまうと思います。

Maiさん大丈夫ですか?

ありがとぉございます♪

ご心配おかけしてます、どうにか元気にしてます^^

大変でしたね

お母さんが一番望む方法が
一番ベストだと思います

大丈夫です
家族が心配してれば
お母さんはもっと心配ですョ

1日でも早く治っていただけることを
お祈り致します

maiさんも大変ですけど
がんばりましょう

心配ですね

お母様の気持ち、少しだけわかる気がします。

歳を取ってくると最新医療というか高度医療に対して「そんなややこしいことしなくてもいいや」みたいな感情をお持ちになってるのかもしれません。

maiさんができることといえば、たぶんお母様がどんなに大切な存在かを伝えることじゃないでしょうか。
だからといって「1」を選ぶようになるかはわかりませんが、きっと度重なる病気でお母様は気力が弱っているのだと思います。

maiさんの心労も大変なことと察しますが、どうか心の支えになってあげてください。

頑張って!!!

お母様の手術、納得の行く方法でなさってください。父はペースメーカーを入れていますが、定期的に検査をしていて、まあ今は比較的元気にしています。もっとも年齢には敵いませんが。。
こんなとき家族の結束が一番必要です。
前向きに頑張ってくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/445-9112c2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。