スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然のチカラ 植島啓司著



植島 啓司 / 集英社(2007/10/17)
Amazonランキング:20270位
Amazonおすすめ度:
「選択をしないという「選択」!!」
偶然のしくみがわかる!
助けられました



内容紹介
ビジネスや恋愛、家族や友人など、人生のさまざまな側面で起こる多くの事柄。それらは偶然のようにもみえ、一方では運命とも思える。私たちには、さまざまな幸・不幸が降り掛かり、未来に何が起こるのかは誰にも分からない。
では、この不確実な現世において、幸せに生きるためにはどうすればよいのだろうか。ストレスなく、楽しく暮らすためには、何が必要なのだろう?未来が見えないとき、私たちはいったいどうしたらよいのだろうか。
本書は、占いや確率、宗教やスピリチュアルを超え、偶然のしくみを知ることから始める、幸福への新しい方法論について、分かりやすく面白く論じていく。

著者について
植島 啓司(うえしま けいじ)

一九四七年東京生まれ。宗教人類学者。東京大学卒。東京大学大学院人文科学研究科(宗教学専攻)博士課程修了後、シカゴ大学大学院に留学、M・エリアーデらのもとで研究を続ける。NYのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ客員教授、関西大学教授、人間総合科学大学教授などを歴任。著書に『男が女になる病気』『分裂病者のダンスパーティ』『オデッサの誘惑』『聖地の想像力』『「頭がよい」って何だろう』『性愛奥義』他。



この本の3分の2まで読んで、挫折しようかどうか迷いました。
だってつまんないんだもん
ちょっとしたわたしの偏見なんですが
この著者も齋藤孝さんもしかり・・・
東大出身の人の文章って無理に簡単にわかりやすく書こうとして
なんか読者にこびてて、結局わかりにくくなってる気がするんですよね。
まぁわたしは平均より理解力が乏しいのは否めないのですが。
20080203092343.gif


でも完読しました。
人生に起こるさまざまな事柄、これを神が行う偶然と取るのか、因果応報の必然ととるのか・・・
それはとっても興味があることだったので。
それとね、この本の中にはわたしの好きな作家の一人S・キングの“クージョ”やD・カーネギーの“人を動かす”などがかなりのページを割いて引用されてたのです。
江原さんや細木さんの考えも登場します。

最後まで読んでよかった
7章の最終章に入ると、あぁ~なるほど・・・こういう〆になるのか。って納得。
この本、まず運や偶然や確率のしくみについての考察から入るんですよね。
そして最後に結果。
いろんな人の言葉や考え方を引用して、この人はこう考えてる、この人がこう言ってる・・・って
じゃ自分はどう結論付けたの?ってずっとまどろっこしい気もちで読んでました。
この著者が
“いろいろこうやって人の意見とか聞きながら、こうやって結論を導きましたよ”って感じです。


結論は・・・とってもファジーっていうか微妙、ちょっと笑ってしまいました。
でも納得、これ以上の答えはないでしょう・・・ってか、これ以上はうそになるような気がします。




以下は今読んでる途中の本です。 



勝間 和代 / ダイヤモンド社(2007/12/14)
Amazonランキング:8位
Amazonおすすめ度:






水野敬也 / 飛鳥新社(2007/08/11)
Amazonランキング:9位
Amazonおすすめ度:
最高!
夢をかなえるってどういうことか?
「体験型」自己啓発本




勝間和代 / ランダムハウス講談社(2007/10/25)
Amazonランキング:14位
Amazonおすすめ度:
ダメな会社に投資するリスクを防げます。
読みやすく見やすいですね。
簿記を学んで読むか、読んで簿記を学ぶか。



4冊中3冊が勝間さんの著書ですね・・・今ブームですもんね。
遅々として進みません。
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法の中で
“月に100冊、15万使う私の読書投資法”って章があります。
年に100冊読むのも大変だったのに、この人は月に100冊か・・・
15万・・・私は昨年、年に40万くらい使ってて、すごい~~って自画自賛してましたが
なんか笑ってしまいますね。
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/456-ff77f31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。