スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた急展開


退院ということで迎えに行くと
母は寝てました。
今朝転んでしまったそうです。
足がフラフラでモツレテ歩けなくなりました。
脳梗塞の疑いありでMRIを撮りました。
血栓が四つ見つかりまたしばらく入院になりました。
今度は脳梗塞、よかったのか、悪かったのかはわかりませんが、
退院まえに病院でみつかってよかったのかもしれませんね
病室からUPしました。
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

やっぱり脳梗塞が・・・Maiさんがなんだかおかしいって言ってたはずですね。
 何はともあれ、退院してではなくて良かったですね。
・・・お母様、夢をまたずっと見たんですね。
v-124箇所も血栓があるなんて。
病院側もベッドが空いてないからか、退院できる状態ではなかったんですよ・・・

こんなことってあるんですね。i-238もう・・・なんて言ったらいいのかわかりません。
とにかく、早くご回復されますように・・・
 Maiさん・・・一日も早く安心した日々がおくれますように。。。

不幸中の幸いと

脳梗塞が早く見つかって良かったですね。
結構この病気で半身麻痺の方を知っているので、後のリハビリなんかを考えたら、入院中に分かって良かったです。
しかし、ベッド数不足しいてるんですね。
しみじみ。。。

maiさん毎日お疲れ様です
かなり心労があるかと思います。
休めるときには十分に休んでください。
最近私のレスは逆にmaiさんに不安を与えているのではと、思い始めました。少し反省しております。ただ私も過去に医師に不満がありましたので、あえて、書かせていただきます。ゆるしてください。
今回気になるのは
心筋梗塞の手術のさいに、微量の血栓が脳に移動、つまり、脳梗塞への可能性もあることを医師は家族に対し、話をしたのでしょうか。いわゆる心原性脳梗塞の可能性です。脳梗塞でも一過性の物もありますし今後ひきずることもあります。退院後も先生とは、じっくりお話したほうが良いかと思います。

追伸メール

MRIで見つかったんですね。失礼しました。
私は医師ではありませんので詳しくはわかりませんが、血栓溶解剤でどうにか改善されませんでしょうか。

そうですね♪

yumiさんへ

なんかこういう時って、持っていきようのない怒りを誰かにぶつけたくなります。
そして誰かのせいにして・・・

先生に、「こんな体で退院なんてできるんですか?今朝転んでしばらく倒れたままで・・・それさえ本人覚えてなくて・・・フラフラしてるのに」
って詰問してしまいました。

先生って感謝されたり、責められたり・・・
毎日大変なんだろうな。。。。

とりあえず、これが最後の災難?って思って
これからは快復するだけ!と思ってがんばります♪v-217

サラマンカさんへ

悪く考えれば、どんどんはまっていきますね。
でも良い方に考えれば・・・
いろんなことに感謝ができます。
そう思って、大変なことにならなくてここで見つかってよかった。。。って思うことにしました。

病院側としたら、手術がお金になるし・・・
手術すると術後のベットが必要になるし・・・
お金だけじゃなくて、手術待ちに患者さんがたくさんいるからでしょうけどね^^;

この病院の怖いところは
差額ベット代が発生する部屋が、ほとんどなんです。
一日差額、一万円近い部屋もいっぱい。
そして術後、空いている部屋に入れられます。(いやおうなしです)
もし差額一万円の部屋に10日入れられると
ベット代だけで10万円。
しかもこれって高額医療費に入らないし、確定申告の医療費控除もダメだし・・・・
術後すぐなので、でっかい液晶TVやスペシャルトイレやお風呂、ソファー、キッチンは仕えないし。。。
不満がいっぱい出てるみたいですよ。

まさぴんさん

ちょっとびっくりしました。
今回の母の脳梗塞について
先生に「きっと胸の方のが(頭に)飛んで行ったんでしょう。手術前にMRIで検査した時は見当たらなかったので。」
って言われたので。。。
え?そんなことってあるの?って不思議に思ってたんです。
心原性脳梗塞なんですね、初めて聞いた言葉でした。
足がふらつき、言葉がもつれて、つじつまのあわないことを言って、手に持たせても何度も何度も落としてたんです。

血栓溶解剤の点滴で今、溶解中です。
食欲はないのですが、フラフラはしなくなったと言ってます。
身奇麗にしてた母が一昨日までは
「もうどうでもいい。。。」って言ってましたが
昨日は顔や歯を洗い、
髪も洗ってもらいたいと言ってました。
今日ももし洗ってもらってなかったら
私がどうにか洗ってみようかなと思ってます。
看護士さん忙しいですからね。

まさぴんさんはほんとによくご存知なんですね。
お父様のご病気の時に勉強されたんでしょうね。
わたしももっといろいろ知らないといけませんね。。。
ありがとぉございました。
まさぴんさんのおかげで先生の言ってる意味がわかりました。

私もそう思います

サラマンカさんへのお返事を読んで、私も一年前をふと思い出しました。
父が昨年大腸癌で入院中、看護師さんに大部屋から、個室への移動を勧められたことがあります。説明を聞くと、これからはナースステーションに近い方が、すぐ駆け付けられるので父の為だとのことでした。当然差額べットです。ただもう余命が長くないのをわかっていましたので、移動をお願いしました。
その後、父への癌の告知をする日が訪れます。(その病院の緩和病棟に入る条件なのです。)
私もその日は精神的にボロボロだったのですがその深夜に病院から父が暴れているから、すぐに来てくれと呼び出しを受けます。
始めは告知のショックで暴れたのだと思っていたのですが、父に聞いてみると、痛くて痛くてどうしようもなくてナースコールを何回も押したのだが、誰も来ず、近くにあるものを投げつけたのだとのことでした。前日の個室への説明と言い告知の条件といい、さすがに我慢ならず、当直ナースに事情を説明し翌日婦長に謝罪をしてもらいました。時間が達つとそんな日もあったなと今となれば良い思い出なのですが、やはり病院には今だに不満が残っています。

そうですね~

まさぴんさんも色々、病院に不信感を抱かれる事があったんですね。。。
 確かに・・・どこの病院でも行き届かないのでしょうか?
私も、かかりつけの医師に義父が悪くなったら救急車ですぐ運ぶように言われていた母が救急車を呼び、病院の救急でその時落ち着いた父に対して、呼ばれた家族に説明があった時。若い救急担当の医師が・・・本人が延命を希望されているんですか?どうしますか連れて帰りますか?入院しますか?
ただでさえ動揺している私達家族にむかって・・・ご家族で話し合いもしてないんですか!!と・・・入院させてほしい。『母はもうこれ以上は自宅で介護はできません。』と何度も言っているのに。
その話の間・・・父はストレッチャーにのせたまま廊下に置いたままになっていました。
私は・・・その救急の医師の言葉がどうしても許せない。ですが、これから入院する事になる父の事もある為、何も言えませんでした。ただ悔しくて・・・
その後、父の担当の医師に連絡がついたのか入院もスムーズに進みましたが・・・

それから・・1週間入院し父は亡くなりました。
肺がんで、呼吸器をはずすことはないままの状態で、あの時連れて帰っても苦しむ父を私達家族はどうする事もできない。

ずっとかかっていた病院で母は何度も父がこうなった時はどうするかを担当の医師と話をし、救急車も近くのまたかかりつけの医院の先生が呼んでくれていたにもかかわらず・・・
救急担当の医師は私達家族に、連れて帰れと言わんばかりの対応でした。

どうして同じ病院でこんなことになるのかが分りません。確かに私の地域では一番大きな病院なので・・・
でも・・・私達にしてみれば患者対医師ですが、医師にしてみればたくさんの中のいち患者にしか過ぎないのでしょうか?
病院では、これの繰り返しでやはり現実なんだなあ・・・と思いました。

まさぴんさん

>父に聞いてみると、痛くて痛くてどうしようもなくてナースコールを何回も押したのだが、誰も来ず、近くにあるものを投げつけたのだとのことでした

この行で涙がでました。
お父様、ほんとに痛かったんでしょうね。。。
この言葉をお父様から聞いたまさぴんさんも心を痛められて、今でもお父さんの痛みと一緒に思い出されるんでしょうね。。。

実は昨日ナースコールしても中々来てくれなくておトイレを失敗してしまいました。
今、点滴のほかに電気コンセントに繋いである器具をつけてるため、看護士さんにいろいろ機械の操作してもらわないとトイレにいけなかったのです。
いくつになっても病気でも・・・そういうことで人に迷惑かけるのは辛いし、今までできてたことができなくなるってことは悲しく不安なことで
しばらくフトンをかぶって落ち込んでました。
「大したことじゃないよ~看護士さんも仕事だから、こんなことしょっちゅうあることよ」っていうと
自分に言い聞かせるように
「もうこれからはちゃんとできるようになるよね。。。これで失敗するの最後よね。。。」
って言ってました。
ん・・・なんでもっと早くきてくれないのかな。
それはわがままなのかな。。。
おトイレに行きたくなるのが急なので仕方ないんですが。
しばらく「死にたくなる・・・見晴らしのいい所から飛び降りよう。。。」とか言ったりもしてましたが。
母に取ってはそれほど落ち込むことなのにな。

yumiさん

救急担当の医師の発言・・・怒りを覚えますね。

>肺がんで、呼吸器をはずすことはないままの状態で、あの時連れて帰っても苦しむ父を私達家族はどうする事もできない。

苦しんでいるお義父さまを、お家に連れて帰れって。。。
一体どういうことでしょうね。
どうしろっていうんでしょうね・・・・
たくさんの患者や家族に対面してもう一人一人に心があることを忘れてしまったのでしょうか。。。

ありがとうございます。

maiさん、YUMIさん
お二人のレスで
心が晴れてきました。
ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/480-37a905e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。