スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の読書歴




石井さんの本って何冊か読みましたが・・・
いつも期待はずれでベストセラーの意味がわかりませんでした。
でもこの本を読んで、なるほどぉ~~~
おもしろい視点、切り口だ!って思いました。
確かにそうかも・・・ってちょっと信じてやってみることにしました。
一度読んでみること、お勧め本です。




内容紹介
大ベストセラー『ウェブ進化論』の著者が贈るビジネス書決定版。
梅田式最強の勉強法が初公開!
最先端のビジョナリーたちの言葉をひたすら集め、その意味を徹底的に考えてきたのが、私の勉強法です。未来志向の彼らの金言は、変化の本質を見極め、行動するための力を与えてくれました――著者
「パラノイアだけが生き残る」――アンディ・グローブ
「政治的になるな、データを使え」――グーグル副社長マリッサ・メイヤー
「シリコンバレーの存在理由は『世界を変える』ことだ」――スティーブ・ジョブズ……
全く新しい論理で行動するウェブ巨人たちが語る名言は、激動の時代をサバイバルするための秘訣を教えてくれる。「アントレナーシップ」「チーム力」「技術者の眼」「グーグリネス」「大人の流儀」という5つの定理から、いま日本に真に必要な知とビジネス力を提案する。著者の半生と未来への提言が珠玉の名言とともに語られる熱き本、堂々誕生です!

・エレベーターを降りるまでにクビを言い渡すスティーブ・ジョブズ
・全員イエスでなければ採用しないグーグル人材採用術
・iPodの裏側はなぜピカピカ光っているのか
・一つのアルゴリズムで完璧な答えを出す精神
・会社は命令によってではなく、質問によって走らせる
明日からの仕事と生き方が変わる本!



実はこれ・・・ちっともおもしろくなかったのです。
だからこれってアマゾンキャンペーンに引っかかってしまったのかなぁ。。。って思って
確認したら、キャンペーンじゃなかった。
ってことはこれはおもしろい本だってことじゃん。一般的に。。。
ん~~わたしまだまだよくわかってないんだよね、IT関連のこと。
深いなぁ。。。
再度この本、またしばらくして読んでみることにしようっと





この本見てるだけで楽しいです。
モデルさんきれいだなぁ。。。安室奈美恵ちゃんもかわいい。。。





本書は、コンサルティング会社であるマッキンゼーのエディターとして活動している著者が、「ロジカル・コミュニケーション」の新しい手法について述べたものである。そのポイントは、話の重複や漏れ、ずれをなくす技術である「MECE(ミッシー)」と、話の飛びをなくす技術である「So What?/Why So?」を身につけることである。

MECEは「ある事柄を重なりなく、しかも漏れのない部分の集合体としてとらえること」を意味している。ちょうど、全体集合を漏れも重なりもない部分集合に分けて考える、集合の概念である。「So What?/Why So?」は、よく話をするときに「したがって」や「よって」「このように」などを使うが、それらの言葉の前後で話に飛びがなく、伝え手の結論と根拠、結論と方法のつながりを、相手にすんなり理解してもらうための技術である。「So What?」は「手持ちのネタ全体、もしくはグルーピングされたもののなかから、課題に照らしたときに言えることのエキスを抽出する作業」であり、「Why So?」は、「So What?」したときの要素の妥当性が、手持ちネタの全体、もしくはグルーピングされた要素によって証明されることを検証する作業」である。



わたし、ほんとにロジカルシンキングが出来ない人です。
頭の中ゴチャゴチャに散らかってます。
この本、すごいなぁ。
(2001/04) 出版(日本版)です。かなりハウツー本にしては古い。。。
でも中身は今でも新しい。
アマゾンでロングセラーの意味がわかりました。
読まれてない方は一読の価値アリです。
おすすめ♪






テレニン晃子
Amazonランキング:2851位
Amazonおすすめ度:



著者について
1972年2月6日佐賀県唐津市に生まれる。大学より福岡市へ。福岡市内で就職。テレニン・レオニドと出会い、2002年4月1日に結婚。妊娠中の2005年秋に、脊髄悪性腫瘍だと分かる。その後、2006年2月6日に長女・柚莉亜が生まれる。育児をしながら闘病生活を送っていたが、2008年2月25日逝去。享年36歳。


切なくて涙でました。
天国で柚莉亜ちゃんのことずっと見守ってあるんだろうな。。。





内容紹介
◆分類・整理しても使えなければ意味がない。
実際に情報を使うための「一元化」管理術。

◆誰でも今すぐ100円で実現!
ローテク「知的生産術」

情報整理というと、分類・整理しなければならないと思っている人が多いかもしれませんが、実はその分類・整理こそが「続かない」「使えない」原因となっています。

情報を実際に活用するには、情報を一箇所にまとめ、分けずに時系列に書き込んでいけばいいのです。

そうすることで、すべての情報は必ずノートの中に「ある」ことになります。そして、パソコンを使った検索術を活用することで、情報は一発検索することができるようになります。

情報は複雑に管理しても続かない、使えない。ちまたの情報整理術、手帳術、知的生産術の本を試してもうまくいかなかった人、ノウハウを学んでも実際には活用できていない人のために、「簡単に」「誰でも」「使える」「ローテク」の情報整理術を紹介します。



この本がなぜアマゾンのベストセラーの上位にここ一ヶ月くらいずっといるのか
なぞです。
はっきり言って・・・わたしには向いてない。
これ昔、小中高の頃やってたんじゃないでしょうか。。。。
ノートくらいしか買えない頃ね。
それとパソコンで作成した索引のコラボって感じ。
このノートがずっと一生残るって思うとぞっとしました。

ただ、この中で
“量が質を作ってるんです。”って言葉はそうそう!って納得






内容紹介

自分が働くのではなく、「仕組み」に働かせよう

仕事を「作業系」と「考える系」に分ける
ルーチンワークを「仕組み化」する
失敗も「仕組み化」できる
続ける「仕組み」をつくる
「記憶」より「記録」
仕事の内容と手順をチェックシート化する
TO DOリストを使って、あらゆるタスクを一元管理
情報収集の基本は「受け身になる」「情報の入りをふさがない」

「才能に頼らない」「意志の力に頼らない」「記憶力に頼らない」、
「仕組み」をつくれば、イヤでも仕事はうまくいく!




この本、上記の本(100円ノート)「と同じこと書いてある箇所があります。
キーワードは<一元化>
なるほどね・・・わたしの頭の中がごちゃごちゃなのは一元化されてないからでしょうね。
あれ・・・あれどこにおいたっけ?どこかにしまったはず、どこかにメモした・・・・
なんか生き方にぶれがあるんでしょうね。
アマゾンの順位はこの本の方がちょっぴり下ですが
100円ノートの本よりこっちのがおすすめです。

目新しいことが書いてあるわけではありませんが
いろんなことを再認識させてくれる内容でした。


そっか、この本は<仕事術>ってタイトルなんで
買う人が限られますね、100円ノートの方は主婦でもリタイアーしてる人も学生さんも・・・
万民向けだからか。

この本と100円ノートの本をアマゾンでセットで購入してる人が多いみたいだけど
とっても内容が似てるのを感じると思います。
要するに、今みんなが抱えてる問題である情報量の多さ、その処理の煩雑
それがテーマみたいです。
“急がば回れ”です。
最初にシステム化してそれをルーチンワークにする。
能力も根性も記憶力も要らないやり方。


最近思うことですが
仕事中に“ペーパーに落として”とか“ペーパーベースで”って
言葉をよく聴きます。
それは今はペーパーベースじゃないってことですね。
それと“落としどころ”とかそういう言葉よく使いますよね。。。
この2冊の本にも使われてました。流行なんでしょうか・・・
スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/505-163b4462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

【動 画】元TBSア ナ川 田亜子が自 殺の真相

26日午前6時15分ごろ、東京都港区海岸3丁目の路上でフリーアナウンサーの川田亜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。