スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の読書歴


 

吉本 佳生
Amazonランキング:47719位
Amazonおすすめ度:



出版社からのコメント
【買ってはいけない金融商品と本当に買うべき金融商品がわかる】
日本で販売されている金融商品は問題だらけです。
特別な仕組みの定期預金や個人向けの年金保険など、
巧妙なワナの仕掛けられた金融商品が、
大手金融機関で堂々と売られています。
その上、恐ろしいことに、窓口の販売員側も
その問題点を自覚していないことが多いのです。
本書では、豊富な図版と広告例を通じて、「金融商品のワナ」の
見破り方と、数少ない良質な金融商品の使い方を解説します。
著者は、ベストセラーの『スタバではグランデを買え!』や
『金融広告を読め』の吉本先生です。
専門家による本質的かつわかりやすい解説で大事な資産を
守る助けにしていただきたく存じます。(編集担当:加藤貞顕)



大手の銀行員さんに訊きたい。。。。
これってまじなんですか?
そんなに危ない商品売ってますか?
どうしても素直に同調できないし、へぇ~~~そうなんだ!って納得も出来かねますね。
ほんとのとこが知りたいと思いました。

それにね。。。。確定利回りの国債ってそんなに損なものでもなくて
もしこの先、金利が上がったら確定利回りで長期のものは確かに不利かも知れないけど
それは相対的なもので、そのもの自体は損とか元本割れも日本が破綻しない限りないし。。。
(もう破綻してるとか言われるけど、他の国に比べたら平気平気♪)
読んでると、これ買ってるだけで損しちゃうって気がしてくる。
変動利回りをすすめてるけど、最終的にどっちがいいかなんて、その時点にならないとわからない。
この先の情勢によってどうなるかなんてわかんないし。
ある程度の金融商品のリテラシー持ってる人にこの本どうなの?ってきいてみたい。




村上 綾一
Amazonランキング:30770位
Amazonおすすめ度:



内容紹介
なんとなく数字の話は苦手な文系アタマのビジネスマンに朗報!
ざっくり割合をとらえたり、プレゼンに数字を潜ませたり、簡単な計算を即時にやってのけたり、とビジネスマンに必須な「数的な感覚」を、楽しみながらできるオトナ向けのトレーニングで飛躍的に伸ばします。



最近、数字や会計の本をよく読むので・・・
内容がかなり被っていて、それが復習となってシナジー効果です。
この本もフェルミ推定やビッグマック指数、複利計算の72の法則、80対20の法則、ポイント還元・・・
等など、知ってて損のないウンチク?がいっぱい。
数的センスのある人って、意識しないでこんな思考回路で生活してるんだろうな。。。。





「プレジデント」誌、2006年3月6日号「数字のウソ、決算書の秘密」、2007年10月1日号「『数字王』選手権」の各特集を再編集し、オムニバス形式で書籍化した一冊です。


この本、おもしろかったです^^
特に第3章、ほんとにおすすめです。
田中靖浩さんの<粉飾も発見!図解でわかる「決算書三表」入門
“決算書について勉強しようとするききまずは簿記の勉強から始めようとする人は多いだろう。
 しかし決算書を読むだけなら、もっと効率的で意味のある勉強法がある。”

そうなんだよね・・・経理とか会計するわけじゃないから簿記から始めたくない。
その会社のことが知りたい、分かりたいだけだから。

能城秀雄さんの<市場を欺く「新興企業の粉飾マジック」を徹底解明>もおもしろい。

そしてラストの<カラ売り家ー究極の利回り追う伝説の投資家>
これもエンターテイメント的に楽しめます。



 

下巻の方から読みました。
やっぱり下巻の方がおもしろかったですね。
なんとな~~く知ってたことや感じてたことが言葉にされて
明確にされた、なるほど~~~って感じです。
さおだけ屋でも思ったけど、
・パーセンテージではなく金額で考える。
・100万と101万は違う、大きな金額にアバウトにならない。
この二つ、わたしの弱いところ。。。。

第四章の決算書の見方はトランプと同じ
この章がおもしろかったです。
著者の山田さんは趣味が選挙予想と貯金と株式投資らしく
株式投資の彼なりの精神がわかる。
ギャンブルと投資・・・投機的投資・・・はやっぱり同じものだよね。
最近、その差はなんなんだろぉってよく思ってたけど
山田さん曰くメンタリティにあるらしい。
だとするときれい事で大儀名分つけなかったら、お金儲けってことで一緒かな。




勝間さんって二回も離婚してるのぉ?w
All Or Nothing、めちゃ合理主義、パーフェクト主義?
情熱大陸だっけ?TV番組で、勝間さんの特集があった。
次の日、アマゾンのベストセラーに彼女の著書が全部並んでました。
彼女が速読をするってことで、速読の本も。




まぁまぁ。。。
日本一、w

<会社の配転命令に納得できない場合は、民事の問題ですから労働基準監督署ではなく、都道府県労働局が設置している“総合労働相談コーナー”へ>
そうなんだぁ・・・労働関係の問題って労基署に相談するんだと思ってました。
民事の問題がほとんどなんじゃないかなぁって思うのだけど・・・
労基署じゃないんだ。。。。ふ~~Nn.






マイケル・J・ロオジエ
Amazonランキング:162位
Amazonおすすめ度:



シークレットの実践書
とっても簡単に書かれてます。読みやすいし。





望月 俊孝
Amazonランキング:1310位
Amazonおすすめ度:



自分の意識を明確にするってことかなぁ~
モチベーションアップのためにはいいかも。




  

松田 哲
Amazonランキング:217位
Amazonおすすめ度:



本書は3部構成になっています。

第1部・小説仕立ての為替取引入門編

伝説の為替小説「フォレックス・ディーラー物語」に学ぶ「為替とは何か?」「儲けるとは何か?」
--松田氏が執筆した為替小説をもとにリアルな為替取引の世界と相場の行方が自然と頭に入る構成になっています。どんな入門書よりもこの小説を読んだほうが、FXの仕組みや為替市場(インターバンク市場)の圧倒的な臨場感を感じることができます。

第2部・プロ並みの売買戦略構築法を図解で徹底解説

「買い」と「売り」では売買戦略が全然、違う!
チャートを使った「現状把握」→相場心理や市場のテーマを睨んだ「未来予想」→「実際の売買」→「自らの心理状態のコントロール」→「利益確定」まで、プロ並みの売買のプロセスを一挙紹介します!
中でも、チャートから相場の行方を決める「チャート・ポイント」を見つけ出し、それをもとに売買戦略を立てる方法論が実践的に詳細に書かれています。

第3部・2008年はドル/円売り、ユーロ/ドル買いを基本に

2008年最大のテーマは「ドル安」。「深刻化するサブプライムローン問題→アメリカの景気後退」を睨んでどのような取引をすべきか? ドル円の100円割れ、ユーロ・ポンド・豪ドルなどクロス円通貨に対する円高はどのレベルまでを想定すべきか?相変わらず強い上昇トレンドを示すユーロ/ドル買いの戦略など、
円高でお困りの投資家を救う待望の未来予想&売買ガイダンス満載! 
円高で外貨建て商品の損失がすでに社会問題化していることを警告!



かなりおもしろくて、一気読みです。
2008年の予想、かなり当たってるのがすごい。。。
FXはじめたばっかで、まだ理解できなかった部分もあるかも
その名のとおり、FXのバイブルにして何度も読んで理解したい。








  
この本、FXとは関係ないんですが・・・
わたし為替がどんなものかもわからずにFXはじめました。
このサブタイトルの<日本一やさしい為替をめぐる世界経済のメカニズムがわかる本>
たぶん偽りナシ、日本一やさしい為替の本だと思います。
えっと一ドルが上がったので円安で。。。ってよく分からなくなるレベルの人なんで
この本、とっても助かりました。
こんなに分かりやすく簡単に書いてあっても、なかなか理解できない自分が少しかなしい。
読むのに時間かかりすぎ。。。

本文と関係ないけど、イラストがおもしろくて・・・
日本人が円侍でドル鼻のUS、紳士のポンド、女王様のユーロ。。。
スイスフラン、このこびとみたいなのなに?
カナダドルはメープルに手足、豪ドルはカンガルー・・・・人間じゃないしw
これが気になる。





宮崎 哲也
Amazonランキング:97861位
Amazonおすすめ度:



わたし、ファンダメンタルズ読んでもさっぱり意味がわからずです。
FOMCやFRBってなによ?ってレベルで。。。
でもTVで普通にニュースでやってた。
興味なかったり、知らなかったら言葉って全然、耳や頭に入って来ないんだな。。。
信じられないくらい一般的にみんなが知ってることもわたしって知らないで生きてきて
今も生きてるだろうな。こわっ






湯浅 景元
Amazonランキング:324330位
Amazonおすすめ度:


いまいち、得るものがなかった。

スポンサーサイト

| 日常、そして非日常と・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://chocousa.blog61.fc2.com/tb.php/518-8287eb1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。